権藤優希のモテブログ

老若男女、誰からもモテる自分になるために

モテ実業家が送る!初デートを成功させる方法☆

こんにちは。

モテ実業家・権藤優希です。

 

7月も後半になり、本格的に夏ですね。
夏といえば海、花火大会、お祭りなどイベント事が目白押しです。
気になるあの子を誘って初めてのデートを考えている方も多いのでは?

ãå¤ ãã¼ã ç¡æ ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

そこで今回は「モテ実業家」が実践している、

『初デートを成功させる方法』

をご紹介します。

 

ポイントは3つです。

 

①事前準備
②オシャレ
③デート中の振る舞い

 

順番に解説していきましょう。

 

①事前準備

ããã¼ããäºåæºå ç¡æ ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


まずは「どこに行くのか?」を決めることが大切です。
女の子は会話の中で「○○に行きたい」と言っていたところを覚えていてくれたなど
「自分の事を喜ばせたいと考えてくれている」事が嬉しいと感じます。

 

なので行きたいお店を事前にリサーチしたり、
よりスムーズに二人の時間を満喫できる為に予約の手配をとるなどの「事前準備」をしっかりしていると女の子から好印象です!
お店に行くまでの道のりや時間等も調べておくといいでしょう。

 

ただし、あまり計画通りに固執しすぎると「完璧主義で一緒に居づらい」と思われてしまうので柔軟に対応しましょう。

 


②オシャレ

ããã¼ãããªã·ã£ã¬ãç·æ§ ç¡æ ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

デートに行く場所も大事ですが、デートの場所に合ったオシャレも大事です。
行く場所に合ったコーディネートを変えましょう。

 

例えば、
・オシャレなレストランに行くのに短パンで行く
・夏祭りなどアクティブな場所なのにカッチリとジャケットを着る


これだとせっかくのオシャレも台無しです。
デートプランや行く場所に合ったファッションで行きましょう。

 

また、個性的なファッションなどは相手によって好き嫌いがはっきりと分かれるので、初デートではやめたほうがよさそうです。

 

オシャレな服装が分からない方は、女の子友達に聞いてみてはいかがでしょう?
かくいう私も服装に関しては女の子友達の意見も参考にしています。

 


③デート中の振る舞い

ããã¼ããæ¯ãèã ç¡æ ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

デートの楽しさを一番左右するのが「振る舞い」です。

デートの約束まで取り付けられている時点で、女の子は多少なりともあなたに気がある証拠です。
女の子は男性の容姿だけでなく一緒にいる時の「振る舞い」も重視しています。

 

例えば、何をするにも「どうしたい?」など受け身の姿勢だったり、
女の子の「恋バナ」に乗らず恋愛する気がない素振りを見せたりすると、女の子をがっかりさせてしまいます。

 

常に女性をリードする姿勢を崩さず、楽しめそうなことを提案していきましょう。
暗い話題よりも明るい話題で盛り上がった方が相手も楽しいはずです。

また、自分があまり興味がない話題でも、
誠意を持って受け答えたり、興味をもって話を聞きましょう。

 

何よりも

「一緒にいる時間を楽しもう!」

という姿勢が一番伝わります。

 

 

いかがでしたか?
私が男なので男性目線からの視点で話をしてしまいましたが、
女性の方も共感する部分はあると嬉しいものです。
ぜひ一度試してみてください。

備えあれば憂いなし! ~海外旅行であったら便利なもの~

こんにちは。

モテ実業家・権藤優希です。

 

先週1週間、経営の師匠や仕事仲間達と、イタリア・スペインに行ってきました。

とにかく贅沢に楽しむプランばかりで、現地の美味しいものを食べたり、オシャレな船で地中海をクルージングしたり、ヘリコプターに乗ってサクラダ・ファミリアを上空から見たりと、最高な時間を過ごすことができました。

(実際にヘリコプターから撮影した写真です)

f:id:gondoyuki:20190711172448p:plain

 

でも一番すごいのは、どこに行ってもみんな仕事の話ばかりなところ。

どうやったらもっと事業拡張ができるか、仲間とともに豊かになれるか、ゲラゲラ笑いながら真剣に語り合う時間は最高のひと時で、もっと頑張っていこうと思える時間となりました。

 

私のInstagramFacebookに旅行の写真を載せているので、お時間ある際にぜひご覧下さい。

 

Instagram

権藤優希さん(@yuki_gondo) • Instagram写真と動画


Facebook 

権藤優希 | Facebook

 

f:id:gondoyuki:20190709165701j:plain

 

旅に必要なこと…それは”荷造り”

f:id:gondoyuki:20190710133818j:plain

 

起業してからこうやって仕事仲間や、妻や家族と旅行する機会が多くなりましたが、そんな時に絶対に必要なのが荷造りです。

私は飛行機内にパソコンを持ち込んで、本の原稿を書くのが最近の習慣となっています。

海外への旅行は、移動時間が長かったり、住み慣れた日本と違うことばかり。

そこで今回は、旅先で「あって良かった!あったら良かった!」と思うアイテムを紹介していきます。

 

読書のための本、紙とペン

f:id:gondoyuki:20190710134011j:plain

 

これはパソコンと同じく、私が必ず機内に持ち込むアイテムです。

機内では電波の出るものは使えないので、今まで読みたくても読めていなかった本を読むのに絶好の機会です。

 

そして私は、普段頭の中を整理するのに必ず紙とペンを使っています。

仕事のこと、仲間のこと、出版する本のこと…思いついたことを紙に書き出して整理するのに、この移動時間を使っているわけです。

皆さんも普段は忙しくて忘れていたことも、紙に書いてみると思い出したり、新しいアイデアが生まれるかもしれませんので、ぜひ試してみてください。

 

ウェットティッシュ

f:id:gondoyuki:20190710134922j:plain

 

海外ではレストランでおしぼりが出ないこともあるので、食事の前にさっと手を拭けるウェットティッシュは重宝します。

※あとは日常でも持っていたら「気配りできる人」とアピールにもなるので、モテ実業家としては、白いハンカチと合わせて持っていてほしいアイテムですね。

 

室内用スリッパorサンダル

f:id:gondoyuki:20190710135721j:plain

最近は飛行機はビジネスクラス、宿泊は高級ホテルなことが多いのでめったにないですが、海外の飛行機やホテルでは室内用スリッパが常備されていないところもあります。

観光から帰って足がくたくたの時、シャワーを浴びてさっぱりした後など、リラックスしたいときには重宝します。

 

機内持ち込み用のカバン&1~2泊分の着替え

f:id:gondoyuki:20190710135949j:plain

ここからは私が聞いて「いいな」と思った話です。

私の起業塾の塾生の話なのですが、彼女のご家族も旅行がとても好きで、よく旅行に行くそうです。

4人家族なのですが、なんとそのうち3人がそれぞれ「ロストバゲージ」しているとのことでした。

ロストバゲージとは、空港で預けた荷物が違う便に紛れて他の地に行ってしまうことで、幸いその時はみんな旅の途中で荷物が返ってきたそうなのですが、その間は手荷物として機内に持ち込んでいたものでしのいだそうです。 

 

めったに起こらないことだと思っていた私ですが、それを聞いて以外と身近に起こりうるんだと学びました。

現地で調達できたら良いのですが、下着くらいは入れておこうと思いました。

 

折り紙

f:id:gondoyuki:20190710140206j:plain

これは昔留学していたという塾生に聞いた話です。

彼は学生時代に海外へ行った際、日本のことを知ってもらうにはどうしたらいいだろうと考え、綺麗な柄の折り紙を何枚か持って行ったそうです。

英語もまだちゃんと話せず、初めて会う人ばかりで緊張していた彼ですが、母国の話になった時に、持ってきていた折り紙で折り鶴を作ったところ拍手喝采

そこから会う人には折り鶴をプレゼントしてあげ、みるみる周りの人と仲良くなったと話してくれました。

 

どの国に行っても「日本はどんな国なんだ」と聞かれることがほとんどです。

そんな時、外国語を話せなくても、こうやって日本を象徴する何かをそっとプレゼントできるのは、「おもてなしの国」としてもとても素敵なことだと感じました。

 

準備万端で素敵な旅を

f:id:gondoyuki:20190710140309j:plain

いかがでしたでしょうか?

みなさんも備えあれば憂いなしで、楽しい旅を過ごしてください。

 

 ◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
https://lounge.dmm.com/detail/1123/
◆出版関連のブログはこちら◆
https://gonbook.hatenablog.com
◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
https://ameblo.jp/motemotejyuku/

 

 

新入社員必見!仕事ができる人の特徴は?

こんにちは。

モテ実業家・権藤優希です。

今年も気づけば7月になりました。
7月になると、新社会人の方は研修期間が終わり本配属になる頃ではないでしょうか?
私も新社会人の時は、この時期に本配属になり実際に業務をこなすようになったと記憶しています。

 

f:id:gondoyuki:20190709191800p:plain

 

実際に会社の業務をこなすようになると、社内でも

「仕事ができる人」
「仕事ができない人」

に分かれることに気づきます。

仕事ができる人の「特徴」は何なんでしょうか?
私のこれまでの経験からすると、


①結果・成果にこだわる
②判断のスピードが早く、チャンスを逃さない
③コミュニケーションで人を動かす

の3つが挙げられます。

 

①結果・成果にこだわる

ãããªã¼ç´ æ ç»å çµæãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
結果・成果とは数字です。
例えば売上や納期のように、周囲の人が把握できる数字のことを言います。

なぜ仕事ができる人は、数字にこだわるのでしょうか。
それは、数字には「明確さ」があるからです。

いくら頑張ったとしても数字を残さなければ評価はされません。
中には数字を作るまでのプロセスを評価する企業もあるかもしれませんが、
基本的には数字で評価されます。

仕事ができる人はこの大原則をしっかり理解しています。
だからこそ仕事ができる人は結果・成果にこだわります。


②判断のスピードが早く、チャンスを逃さない

ãããªã¼ç´ æ ç»å ãã£ã³ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ


「判断のスピードが早い」とは、その場で次の行動を決めることです。
もちろんその場で結論が出せない場合は、いつまでに何をするかを決めます。

なぜ仕事ができる人は、判断のスピードが早いかというと、
「悩んでも進まない」
からです。

仕事ができない人にありがちなのは、
「これをやったら、あちらに不具合が生じる。」
と頭の中でグルグルと考えてしまうことです。

本人としては、どうすれば上手く進めることができるかを考えているのですが、
考えてばかりでは進みません。結局、後で考えようと思って忘れてしまいます。


仕事が出来る人は、思考停止の状態で悩んでも進まないことを知っています。
それより今できる最大限の判断をして、次に進めるほうが仕事が進むと考えています。

もちろん、最大限の判断をしても必ず課題が出てきます。
ただすべて挙げたらキリがないので、避けられるカベを思いつく範囲で列挙してすぐに行動する。次の課題が出て来たら、また考える。それを繰り返した方が、結果として早く案件を進めることができるからです。

仕事が早い人ほど、判断のスピードが早いのは、そのような経験をたくさん積んでいるからです。


③コミュニケーションで人を動かす

ãããªã¼ç´ æ ç»å ã³ãã¥ãã±ã¼ã·ã§ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ
仕事で結果を出すには、1人で出来ません。
周りの人を巻き込んで一緒に仕事を進めていく必要があります。
そこで重要なのは、人を動かすコミュニケーション力です。

なぜなら周りの人を巻き込まないと、仕事が進まないからです。
大きな案件であればなおさらです。
一日は24時間と決まっていますので、一人でできることには限界があります。

周りにいる人たちとコミュニケーションを取って、
自ら巻き込んでくと、一人では成しえない大きな結果を作ることができます!

 

いかがでしたでしょうか?
私も新社会人のときは仕事ができる人を目指して努力しました。
明日からの仕事でぜひ意識してみてください。

理想と現実の休日にギャップを感じる人へ!今の「選択」がベストな人生になっていますか?

こんにちは。

モテ実業家・権藤優希です。

6月は、お仕事でバタバタとされていた人もたくさんいると思います。

 

月曜日から金曜日まで働いて、週末は家でおやすみ。
そんな過ごし方をしている方も多いのではないでしょうか?

 

モテモテ塾のスタッフの人に、理想の休日の過ごし方を聞いてみると、

目覚ましをかけずに、寝れるだけ寝たいです!

と、平日の疲れを一気に取りたいとのこと。

 

 

睡眠ではない、理想的で充実した休日

そうは言っても1年以上、土日を寝て過ごすことに飽きたようで、
充実した休みを過ごしたいと思うようになったそうです。

 

再び、理想の過ごし方を聞いてみると、

 

夏も近いので、朝8時から市民プールで泳いできます。

そのあと、家で読書をしてから、友達とランチ食べに行きます。

カフェで話をしたあと、夜は飲み会で楽しくやってきま~す!

 

では、実際にどのような時間を過ごしたのでしょうか?

 

 

現実の休日の過ごし方は、「こんなはずではなかった」

次に会った時にその感想を聞いてみると、

 

起きたら12時前で、プールは行けませんでした。

友達に連絡しようとしたら、連絡がないからということで
別の友達とご飯に行ってしまったので、家でコンビニ弁当を食べました。

夜は飲み会みたいな華やかなとこに行く気分ではなくなり、家で映画を観てました。

 

と、1日睡眠と変わらないような土日を過ごしていました。

 

 

人生は「選択」によって決まる

このスタッフのその後は、どのような結末が待ってるでしょうか?

 

夏に向けて身体を鍛えることがなかったので、海に行く約束をしていましたが、
ぶよぶよのお腹を晒すことに・・・

 

ランチに行くはずだった友達は、結婚したり、自分の予定を充実させたりして、
予定が合わなくなり。

 

家でずっと過ごしていたので、SNSで上がってくる楽しそうな写真を
いつもうらやましく見ることに。

 

土日を充実したものにするためにしようと思っていても、
現実は会社の疲れや、月曜日からの仕事を考えてしまいがちになるかもしれません。

 

では、その働き方を「選択」したのは、誰でしょうか?
他でもない、自分であるはずです。

 

土日に、早起きすることを「選択」しなかったのは誰でしょうか?
自分の身体なので、例え疲れていても自分が決めることです。

 

身体は動かせば動かすほど疲れてしまいます。
しかし、心は動けば動くほど、どんどん良くなっていきます!

 

仕事で疲れていると思っている時こそ、予定を立て、人と会い、
充実して過ごした方が月曜日から頑張る活力となります!

 

皆さんの、理想の休日の過ごし方を、現実にしてみませんか?

 

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
◆出版関連のブログはこちら◆
◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
 

みなさんはいくつ読める?難読な駅名(関西編)

こんにちは。

モテ実業家・権藤優希です。

 

先日仕事で大阪に行った際の出来事を書こうと思います。

電車で取引先へ移動しているときに、

 

「十三」

 

という駅を通りました。

これみなさん何と読みますか?

 

駅名で関西に住んでいる方ならお分かりかと思いますが、

関東に住んでいる方は分かりますか?

これ「じゅうそう」と読むんです!

私は思いっきり「じゅうさん」と読み、電車内にいた人の視線を集めました笑

 

読むのが難しい駅名ってありますよね。

関西の駅名で読むのが難しい駅名を調べてみました。

私個人的に選出したベスト3を紹介します。



①「放出」→はなてん

いきなり難解ですね。

知らない方は絶対に「ほうしゅつ」と読みます笑

由来は、当地が古代の河内湖から淀川への放出口にあたることから、湖水の「はなちで」から「はなちでん」さらに「はなてん」に転訛したといわれています。

大阪市鶴見区にあるJRの駅です。


②「中百舌鳥」→なかもず

これも難解ですね。

「百舌鳥」と書いて「もず」とはなかなか読めませんね。

最近では『百舌鳥古墳群』が世界遺産に登録されており、

この地名が世に知れ渡り認知度も上がってくるでしょう。

堺市北区にある南海高野線泉北高速鉄道の駅です。


③「喜連瓜破」→きれうりわり

これはムリ笑!

そもそも何でこんな難しい駅名付けたの?と言いたくなるような名前です。

駅名書くだけでも大変そう・・・

これ知らない方は明日から読めるだけで自慢できそうですね。

大阪市平野区にある谷町線の駅です。

 

みなさんはいくつ読めましたか?

特に私のような関東住まいの方は驚きの連続だったのではないでしょうか。

 

逆に関東に住んでいる私たちは当たり前のように読んでいる駅名でも、

関西の方からすれば難読な駅名もありそうですね。

 

このように、駅名一つを取っても面白い内容が満載ですので、

知らない地での楽しみにもなりますし、

アンテナ張って情報を取ることが大事と学びですね。



 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
◆出版関連のブログはこちら◆
◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
 

長い恋の終わりに感じるもの。信頼という絆でつながる人間関係

こんにちは。

モテ実業家・権藤優希です。

みなさんは、恋が終わる経験をしたことはありますか?

 

先日、友人が6年付き合った彼と別れたという報告をもらいました。

 

6年って、とても長い時間です。

6年同じ時を過ごし、楽しいことも嬉しいことも、辛いことも、きっと多くの時間を過ごしたでしょう。

 

さて、そんな6年付き合った彼と別れた彼女。

彼女に今の心境を尋ねると、意外な答えが返ってきました。

 

彼女は、こう言ったのです。

 

『心から尊敬する人との最高の別れだった』



恋が終わるとき

みなさんは恋が終わる時、どんな気持ちで迎えますか?

 

悲しい気持ちや、辛い気持ちを持つ方の方が多いのではないでしょうか?

 

私の友人は、自分から別れを告げたのですが、別れることを決めるまでずっと悩んでいました。

 

別れを告げられる方も、別れを告げる方も、どちらも何かしら感じるものがあると思います。

 

そして、多くのカップルやパートナーを見てきて思うことがあります。

 

それは、別れの時にその人たちの過ごしてきた時間の本質が見えるということです。



過ごしてきた時間

付き合いはじめた時って、お互いに気持ちが最高潮に高まっているので、

相手のことを大事にするという気持ちを素直に言葉にしたり、行動にして表すことが多いですよね。

 

好きだと言葉にすること
一緒にいる時間をたくさん作ること
連絡をマメにすること

 

でも、一緒にいる時間が長くなると少しずつなぁなぁになってくることが多いように感じます。

 

そうすると、最初は一つだったかもしれないボタンのかけ間違えが、一つ、また一つと増えていき、
相手のことがわからなくなったり、不安になったり。



ただ、言葉にすること、そして行動に表すことが全てなのでしょうか?

 

必ずしもYESではないし、NOでもないと私は思います。

 

一緒に過ごす時間の中で何をするのかが大切なのではなく、
一緒に過ごす時間の中でどれだけ相手のことを信頼できるかが大切なのではないかと、私は思っています。



そもそもその恋の始まりは?

別れがあるということは、始まりがあったはずです。
その恋の始まりは何があったのでしょう?

 

出会った時にビビビッときた人もいるかもしれませんね。

でも、多くの人は最初はなんとも思っていなかったけれど、何回か会ってその人のことを知っていく中で、徐々に好きという気持ちが芽生えていくということが多いように感じます。

 

私も、そうでした。

そしてその時の根底にあるのは、「信用」だと私は思っています。

 

信用できない人と付き合おうとは思いませんよね。

 

では、何を持って相手のことを信用するのでしょう?

それは、相手の過去を見た時です。

 

その人が今までどんな人生を送ってきたのか?
学生時代は?仕事は?恋愛は?

相手の過去を見て、
「この人は信用できる」
と思った時に、人は好意を感じます。

 

ただ、付き合い始めると見るところは変わります。

 

付き合い始めるとその人との未来を見るようになります。

 

過去に対する信用ではなく、

未来に対する信頼を一緒に築いていく関係になるのです。



目に見えないものを築き上げるということ

過去に対する信用も、未来に対する信頼も、どちらも目に見えないもの。

 

ただ、その人の過去は、その人という存在を通して見ることができます。

 

しかし、未来は見ることはできません。

 

物体としてないものをイメージした時、人は期待と持つと同時に不安を感じます。

 

本当にこの人でいいのかな?
本当にこの人と一緒にいていいのかな?
本当にこの人と幸せになれるのかな?

そしてその不安を消すために、一緒にいる時間をつくったり、言葉に表すのではないでしょうか?

 

そうやって、未来に対する信頼という名の責任を取っていくのです。

 

だから、恋愛とは、「信頼」という絆でつながる究極の人間関係だと私は思います。

 

そして、その関係が終わったとしても、それまで築いてきた信頼という絆がなくなるわけではありません。

 

私の友人が別れてからも彼のことを信頼し、心から尊敬できると言っていたのは、

2人が6年という時間をかけて築いてきた信頼関係という名の人間関係が詰まっているのだと感じます。



信頼という絆でつながる人間関係

始まりがあれば、終わりがある。
そして、終わりがあるのだとしたら、また新たな始まりがあります。

 

もちろん、ずっとラブラブでお互いを信頼しあえる関係が続くことも幸せです。

 

ただ、もしもその恋が終わったのだとしたら。
それは、あなたがまた新たな信頼できる相手を作るための神様からのプレゼントではないでしょうか?

 

そう思うと、誰かを好きになることも、恋をすることも、その関係が続いていくことも終わることも
全てのことにきっと意味があるのだと思います。

 

目の前の人とのご縁を大切にしながら、過去、現在、そして未来を見て、
信頼という絆でつながる人間関係を作っていきましょう。

 

きっと、よりよい未来が見えてくるはずです。

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
◆出版関連のブログはこちら◆
◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆
 

ふと疑問に思われた方へ!今さら聞けない「G20」って何?

こんにちは。

モテ実業家・権藤優希です。

 

最近、仕事で大阪に行った際、駅に警察官の方がたくさんいるのを見かけました。

 

それもそのはず。

2019年6月28日、29日に大阪で国際的な会議『G20』(ジー・トゥエンティー)が開催されます。

 

では、『G20』とは一体どんな会議なんでしょう?

いまさら聞けない方も多いのではないのでしょうか。

かくいう私もあまり詳しくありませんでしたが、気になったことをすぐに調べるくせがあるので、これを機に調べてみました。



そもそも「G20」の「G」とは「Group」の「G」で、

正式には「Group of Twenty」の略だそうです。

 

参加国は

主要国首脳会議に参加する7か国(日本、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ)の「G7」

さらに、EUロシア

そして、新興国11か国(中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカオーストラリア、韓国、インドネシア、サウジアラビアトルコ、アルゼンチン

といった合計20の国と地域が参加して開催されます。

 

G20は、国際的に重要な経済・金融問題について協議する国際会議です。

さらに経済問題だけでなく、地球温暖化や新型ウイルス、テロ、途上国支援などについても協議されます。



今回、日本は初めて議長国として参加します。

ですので国の威信を懸けての開催となります。

そのため、警備体制も万全の準備で各国のお偉いさん方をお迎えするようです。

 

警察官の方々には本当に感謝!!

 

日々私たちを守ってくれるのはもちろん、

日本という国の信用まで守ってくれる姿には本当に尊敬します。

国を守ることが警察官の使命ですね。

 

私も自分自身の使命・ミッションを心に刻みながら、

改めて事業に取り組んでいこうと決心した瞬間でもありました。

少し真面目な話になりましたが、今日はこの辺で。

 

www.2019-g20-osaka.jp

 

 

◆オンラインサロン『モテモテ塾』公式サイトはこちら◆
◆出版関連のブログはこちら◆
◆モテモテ塾スタッフブログはこちら◆